• このエントリーをはてなブックマークに追加

霊園購入はいつから検討するべきか?横浜の場合

自宅からアクセスが良く墓所からの眺めが良いなど、人気の霊園施設で希望に適う墓所区画を得たいと考えていたとしても、家族全員が元気なうちは、検討するべき時期を見定めるのが難しいところです。一昔前は、あらかじめ葬儀や墓所の準備をしておくのは縁起が悪いといった考え方もありましたが、近年は終活ブームの高まりと共に、万が一の時に自分の望み通りに葬儀や埋葬を行ってもらえるよう、元気なうちに施設やサービスの比較検討を行って、エンディングノートに希望を記載しておくといった気運が高まっています。東京からも購入希望者が訪れるほど人気の高い横浜の墓地事情だからこそ、いつからと言わず、気になったときから行動を起こしたほうが、立地や景観、さまざまな面で理想的な墓所の購入に繋げることができます。

人気施設の増設や新規オープン情報に注目

大都市圏の便利さと近郊の自然環境にも恵まれている横浜エリアは、首都圏の中でも特にこの地に住居を持ちたいと憧れる人が多く、それと同様、ここに墓地を持ちたいと東京からも見学者が訪れる霊園施設があるほどです。それもあって長年慢性的な墓地不足となっており、市民しか応募ができない市営霊園でも抽選の競争率がますます激化しています。ここ数年、解決策として市営民営共に人気施設での増設や、新規施設のオープンが続いていますが、募集が始まるやいなや、あっという間に良い区画が埋まるといった状況となっています。今後も新規オープンが予定されている施設がありますので、自分の希望に適う場所にオープン予定の施設がある場合、見学会や募集の時期など、日ごろから積極的に情報を集めるようにしておく必要があります。

多様化する埋葬形式を見極めて判断

家族葬など葬儀のコンパクト化が進み、埋葬形式も多様化するなど、ここ数年で、人生の終焉についても選択肢が増えた感があります。埋葬形式については特に、従来のように個別区画に墓石を建てる墓地のほか、合祀形式の永代供養墓や樹木葬などの自然葬区画も増えてきました。個別区画でのお墓を持ちたい人であっても、家族同様のペットと一緒に埋葬してもらえるかどうかや、墓参の折、高齢の家族にも不自由のないバリアフリー化が施されている施設かどうかなど、検討すべき重要ポイントが、かつて以上に増えています。いつからというよりも気になり始めたらすぐに、まずどういった形式の墓所を望むのか、埋葬や供養の方法などを確認して、現在の墓地事情全般もしっかりと見極めた上で自分の希望を明確にし、判断しておくことが大切です。

ピックアップ記事

霊園購入はいつから検討するべきか?横浜の場合

自宅からアクセスが良く墓所からの眺めが良いなど、人気の霊園施設で希望に適う墓所区画を得たいと考えていたとしても、家族全員が元気なうちは、検討するべき時期を見定めるのが難しいところです。一昔前は、あらか...

横浜の霊園に見る墓地の形式とは

日本人の宗教観は、以前とはかなり異なってきているといわれています。住み慣れた地域で一生を過ごすのではなく、転勤や婚姻などによって、全国を移動したり、住み替えをする機会が増えたことによって、生まれた土地...

永代供養ができる横浜の霊園とは

現代のような高齢社会は、裏を返せば墓地需要がきわめて多い時代ということができます。その一方で、土地の確保や費用の高騰などの現実的な課題もあることから、従来のお墓のあり方に一石を投じる、永代供養墓などの...

横浜で霊園を購入する場合の料金の相場について

横浜は観光地としても生活の場所としても人気があり、多くの人が訪れたりここで暮らしたりしています。この地域の場合は、交通の便も良く、仕事や学校、買物などに通いやすいというだけでなく、海や山が見える地域も...