• このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の霊園に見る墓地の形式とは

日本人の宗教観は、以前とはかなり異なってきているといわれています。住み慣れた地域で一生を過ごすのではなく、転勤や婚姻などによって、全国を移動したり、住み替えをする機会が増えたことによって、生まれた土地に伝わっている葬送や供養のあり方を、かならずしも厳格に踏襲しなくてもよくなったことが、その理由の一端として挙げられます。このようななかで、墓地の形式についても多様化の様相を見せており、特に横浜をはじめとする都市部では、その傾向は顕著にあらわれています。そのため、実際にこれから霊園探しをして、家族や親戚のお墓を建てようとする場合には、立地条件のほかにも、外観や管理の形態、予算などの細かな点にも注意を払って、最善の選択をすることが重要になっています。

これまでにない新しいタイプの実例

横浜の霊園のなかで、現在見られる墓地の形式として、いくつか特徴的な実例があります。たとえば、これは市営の場合も含めてのことですが、芝生を全面に張ったなかに納骨器を埋葬する、公園タイプのものがあります。周囲にはスポーツ施設や広場など、ほとんど一般的な公園とは変わらない施設もあり、景観になじんでいます。また、壁掛けタイプと呼ばれることがありますが、これまでのような大きな墓石を個別に建てるのではなく、あらかじめ簡素な板状の墓石が用意されていて、ここに表札のように亡くなった人の氏名などを掲出する、敷地面積をごく少なくして、土地を有効利用しているタイプもあります。ほかにも、納骨堂のように、野外ではなく、堅牢な建物をつくった上で、そのなかで遺骨を管理するタイプもあります。

費用や管理面で従来との違いがある

このような新しいタイプを採用している霊園の場合、従来から横浜市内にあるものとは、管理運営のしかたや、費用の計算方法などが、大きく異なっているケースがあります。たとえば、管理費や供養料などを毎年、あるいは定期的に支払う必要はなく、いったん納付してしまえば、永代にわたって供養が続き、以後は費用がかからないケースが見られます。ほかにも、個人や特定の家系ごとに管理をするのではなく、他の人といっしょに供養をする、いわゆる合葬形式になっていることがあります。合葬の場合ですが、最初から合葬としている取り扱いと、納骨してから一定の期間は納骨堂のなかでも個人が特定できるエリアで管理されており、一定の期間が経過すると、集団で管理される別のエリアに移動させられる取り扱いになっているケースとがあります。"

ピックアップ記事

霊園購入はいつから検討するべきか?横浜の場合

自宅からアクセスが良く墓所からの眺めが良いなど、人気の霊園施設で希望に適う墓所区画を得たいと考えていたとしても、家族全員が元気なうちは、検討するべき時期を見定めるのが難しいところです。一昔前は、あらか...

横浜の霊園に見る墓地の形式とは

日本人の宗教観は、以前とはかなり異なってきているといわれています。住み慣れた地域で一生を過ごすのではなく、転勤や婚姻などによって、全国を移動したり、住み替えをする機会が増えたことによって、生まれた土地...

永代供養ができる横浜の霊園とは

現代のような高齢社会は、裏を返せば墓地需要がきわめて多い時代ということができます。その一方で、土地の確保や費用の高騰などの現実的な課題もあることから、従来のお墓のあり方に一石を投じる、永代供養墓などの...

横浜で霊園を購入する場合の料金の相場について

横浜は観光地としても生活の場所としても人気があり、多くの人が訪れたりここで暮らしたりしています。この地域の場合は、交通の便も良く、仕事や学校、買物などに通いやすいというだけでなく、海や山が見える地域も...