• このエントリーをはてなブックマークに追加

永代供養ができる横浜の霊園とは

現代のような高齢社会は、裏を返せば墓地需要がきわめて多い時代ということができます。その一方で、土地の確保や費用の高騰などの現実的な課題もあることから、従来のお墓のあり方に一石を投じる、永代供養墓などの新たなタイプが現れてきていることも事実です。これは霊園を管理している寺院などが責任をもって将来にわたり供養をすることを約束している墓地のことで、多くは他の人との合葬の形式をとっています。家族や親族自身も高齢のために墓参りが難しい場合や、亡くなった人に家族や親族がいないか、いても疎遠になってしまっている場合にメリットがあり、横浜をはじめとする都市部では比較的多い形態です。逆に、地方の場合にはまだ伝統的なお墓のあり方を維持する流れが強く、その意味では選択肢が狭いともいえます。

従来とは異なる管理と費用のあり方

横浜で永代供養墓を営んでいる霊園を探す場合、従来のものとは管理や費用のあり方が大きく異なっているケースがありますので、まずはパンフレットやホームページなどでの情報収集をすることが望まれます。たとえば、これまでのような一般的な墓地とは違って、供養料や納骨手数料、管理費などの費用が別々に計上されたり、毎年徴収されたりするケースは少なく、たいていは一括して納付することで、それ以後の費用はかからないようになっています。宗派なども問わず、少なくとも仏教の形式であれば、どのような宗派でも受け入れることとしているところが多いようです。そのかわり、一定の時期を過ぎると他の人との合葬となってしまうことがありますので、その点にも確認をしておくのがよいでしょう。

墓地の具体的な形状や種類について

横浜でみられる永代供養墓の具体的な特徴ですが、従来からのタイプにあたる、屋外にある個人や家系ごとの墓地とは、はっきりと分かれているのが一般的です。屋外にある場合と、納骨堂のようなコンクリートの建物をつくり、屋内形式になっているものと、両方があり得ます。屋外の場合は、芝生を張った地面に、他の人といっしょに埋葬するものが代表的で、個人ごとの墓標はなく、合葬墓などと呼ばれていることもあります。屋内に営まれているタイプの場合は、壁面にロッカー形式の納骨用のスペースがあったり、遺骨が入った厨子を墓参のたびに機械で呼び出すシステムが導入されていたりと、いろいろとユニークなものがあります。このあたりは好みの問題もありますので、事前に説明を聞いて検討することが大切です。

ピックアップ記事

霊園購入はいつから検討するべきか?横浜の場合

自宅からアクセスが良く墓所からの眺めが良いなど、人気の霊園施設で希望に適う墓所区画を得たいと考えていたとしても、家族全員が元気なうちは、検討するべき時期を見定めるのが難しいところです。一昔前は、あらか...

横浜の霊園に見る墓地の形式とは

日本人の宗教観は、以前とはかなり異なってきているといわれています。住み慣れた地域で一生を過ごすのではなく、転勤や婚姻などによって、全国を移動したり、住み替えをする機会が増えたことによって、生まれた土地...

永代供養ができる横浜の霊園とは

現代のような高齢社会は、裏を返せば墓地需要がきわめて多い時代ということができます。その一方で、土地の確保や費用の高騰などの現実的な課題もあることから、従来のお墓のあり方に一石を投じる、永代供養墓などの...

横浜で霊園を購入する場合の料金の相場について

横浜は観光地としても生活の場所としても人気があり、多くの人が訪れたりここで暮らしたりしています。この地域の場合は、交通の便も良く、仕事や学校、買物などに通いやすいというだけでなく、海や山が見える地域も...